太陽光発電やダクト掃除、井戸掘りを行っていると非常時にも安心

PICK UP

  • 井戸について

    好きな場所に好きなだけ井戸を掘っていいとは限りません。市町村区によって定められたルールに従って井戸を掘る必要があります。井戸掘りをする際にも地盤の確認など注意して作業しましょう。

    工場や飲食店や大型ビルなどのダクト清掃をしませんか?実績豊富な当社で必ずご満足頂けるダクト掃除をします。

  • 太陽光にしたい

    太陽光発電は、日中家の中に誰もおらず、必要最低限の電力しか使用していないときなどに、余った電力を売るなどの活用方法があります。そのため、太陽光発電を取り入れる家は増えています。見積もりや依頼方法について記載しています。

  • 太陽光システム

    太陽光発電システムに投資をする人は増えています。しかし、太陽光発電システムの奉仕は長い目で見る必要があり、また、多少のリスクが伴うことも知っておく必要があります。

豆知識を活用する

残土ふるいのご購入を検討されてる方はコチラに高性能な製品があります。現場でも大活躍してくれますよ。用途に合わせてお選びください。

工事を始める前は地質調査をしてみた方が良いです!詳しく調べてくれるからこそ安心感があります。様々な現場の調査をしてくれます。

非常時に活躍する豆知識とは

日本は高温多湿の気候であるため、梅雨や台風のシーズンになると大量の雨が降り続け、田畑や川に恵みの水となります。この雨を各家庭でも恵みの水として活用するなら、雨水タンクを設置する方法があり、活用次第では幅広く利用できます。 雨水タンクに溜まった雨は非常時にも大活躍が期待できるため、毎日の生活の中でコツコツと行う事が大切です。雨水タンクには蓋も付いているのでゴミが入りにくく、最低限の物質を除去できるため、飲み水にはなりませんが、汚れを落としたり洗い流す作業はできます。非常時は水も貴重な物となるため、各家庭に設置しておけば家庭内で使用でき、ライフラインが普及するまで頼りになる水として活用する事ができます。

雨水タンクで行える生活の工夫とは

地球の多くは水で覆われており豊富にあると思われがちですが、地球温暖化が進行しているため、各地で砂漠化が進んでいます。一人一人が意識改革を行い、水を大切に扱う事が急務とされており、家庭での水の使い方を考える時期に来ています。 そのため家庭で出来る雨水の活用方法として挙げられるのは、車を洗うのに使用したり植木や野菜の水やりに使用します。そうする事で月の水道代もコストカットできるため、家計の負担軽減にも繋がるため、行うと良い対策でもあります。また雨水タンクは雨樋のある場所であればどこでも設置できるため、必要な場所にタンクを置く事で重い水を持ち運びする手間も省けるので、足腰の負担も軽減する事ができます。